関 清二税理士事務所・京都駅前元気案内所

元気がでるサプリ

トップページ > 京都駅前元気案内所 > 元気がでるサプリ

お問い合わせ
TEL
: 075-353-6750
FAX
: 075-353-6751
連絡先
所在地
〒600-8216
京都市下京区東塩小路町579−1
山アメディカルビル4階

元気がでるサプリ

元気が出るサプリ2011

京都魔界伝説

全国いたるところに魔界は存在する...もちろん1200年以上の歴史のある京都!桓武天皇擁立の政争や暗殺事件、その後の疫病や天変地異、災害などが怨霊・悪霊・祟りを生み、魔界を産む...毘沙門天や陰陽師、豪のものが活躍...人々は恐れから念仏を唱え、祀る(上下の御霊神社、北野天満宮、白峯神社、祇園祭、六斎念仏、六道詣りがそれである)。都の周辺の追剥、山賊、ならず者などの「鬼」「妖怪」「天狗」「魔物」の類、これらを退治した英雄...魔界の主人公は、今も絵図や縁起の中で鮮やかに生きている。京都人の祖先は、魔界の主人公を「守り神」として祀り、供養・鎮魂し続けてきた、京都人はその末裔...常に身の回りを清め、敬虔に手を合わせる、陰口をたたかず謹み深い、贅沢を慎み他人を妬まない...そうでないと「封印が解かれ魔物たちが目を覚まして暴れ出す」と信じている。いや、この世こそが「魔界」、自分の中に「鬼や魔物」が潜んでいることを知っている。「ほんに怖いやおへんか」(魔界税理士)

 

元気がでるサプリ2010

日本酒の日

10月1日は「日本酒の日」...新米酒造りの季節である。一説には1万とも2万ともいわれる日本酒の銘柄数...とてもではないが数えきれないし、例え数えたところで飲みきれない。酒を旨いという人もいれば苦いという人もいる。ただ、マズイという酒飲みはいない...ということは?旨いのだろう。嫌われるのは「管(くだ)を巻く酒飲み」...管は糸車の軸のことで、回すと「ぶ〜ん、ぶ〜ん」と何とも言えない単調な音がする→繰り返し同じことをいう酒飲みということになったらしい。かといって無口な酒飲みも不気味、大声で話すのも傍迷惑...燗は温めの「人肌」がイイ...といいながらも下戸!雰囲気で酔い、人に酔い、船に酔う、仕事にも酔う...飲まなくても年中酔っ払っている。